Skip to content

教育哲学に対するイスラームの視点

序章

哲学とは、現実を研究し、知恵を追求し、人生の一般原則について解説することです。それは、概念的にも実践的にも、永遠の真実の探求に関係しています。認識論、形而上学、美学、倫理学、歴史の 5 つの検索分野があります。現実を掘り起こしたり、真実を発見したりするために哲学が使用する手段は論理であり、帰納的であると同時に演繹的でもあります。教育哲学は一般哲学の一分野であり、認識論から力を得ます。それは、学習環境全体、社会、および将来の世代に影響を与える教育の目的と目的または内容を定式化します。

教育哲学は、心理学、社会学、政治学、経済学、歴史、科学、宗教の一般原則に基づいています。教育は二元的な現象です。それは動的であると同時に静的でもあります。大部分は動的または一時的であり、知識、社会構造、および文明の変化と成長に合わせて調整されますが、マイナーではあるが重要な部分は静的または永遠です. 教育の内容は永遠であり、大部分の内容の適用と説明は動的であると提案した。教育内容については学際的なアプローチを想定しています。分析は、個人、社会、および時間のニーズに対応し、教育の文化的、社会的、および職業上の目的を網羅しています。

教育は公式なものも非公式なものもある。正式な教育は学校や大学で行われますが、非公式な教育は社会や環境から得られ、吸収されます。教育は、公式、非公式を問わず、内省と経験を通じて、個人の人格の中で発達し、内面化されます。それは、私たち全員が生涯学習者であることを意味します。ただし、正式な教育の哲学(目的と目的)を分析します。さらに、教育には、初等、中等、高等の 3 つのレベルがあります。初等教育は 3 歳から 11 歳までの乳幼児、中等教育は 12 歳から 18 歳までの青少年、高等教育は 18 歳以上の若い学習者を対象としています。教育のレベルごとに独自のアプローチが必要です。

教育の内容は地域によって異なります。世俗社会は、一部のイデオロギー社会と比較して、コンテンツに対して異なるアプローチをとります。さらに、内容の説明または実装は、異なる社会では異なるでしょう。私たちの分析はイデオロギー的であり、主に教育に対するイスラム教の見解に基づいています。

用語

「教育」という用語は、ラテン語の Educare、Educatum、または Educere に由来しています。Educatum と educare はトレーニングと栄養を与えることを意味し、educere はリードすることを意味します。前者は、教育が外的なものであることを意味します。外部から課される、または入れられるということは、外部環境が学習プロセスにおいて決定的な役割を果たすことを意味します。後者は内部からの成長を示しています。それは、個人の内部の可能性が学習プロセスにおいて決定的であり、外部環境が教育プロセスにおいて二次的な役割を果たしていることを意味します. 自然主義者/心理学者は、学習プロセスの内的性質をより重要視し、社会哲学者は教育プロセスの外的要求に重点を置きました。学習プロセスの内外環境の役割と重要性に向けて、混合的でバランスの取れたアプローチを想定しました。

意味

アリストテレスは教育を、健全な身体に健全な精神を生み出すために必要なプロセスであると定義し、彼によれば、教育の目的と目的は、善良で有徳な市民を生み出すことです。14 世紀のイブネ・ハルドゥンは、教育は知的、社会的、道徳的な訓練から成り立っているという見解を表明しており、それを通じて隠された可能性が開発され、性格の特徴が構築され、人々の文化が次の世代に伝えられます。デューイは 20 世紀に、教育を次の言葉で定義しました。教育を次のように定義することができます。

目的と目的 – イスラーム的見解

イスラームは神聖な宗教です。それは啓示の書であるクルアーンと預言的な解説であるハディースに基づいています。預言者と啓示書の最大の責任と最終的な目的は、人類をより良く、幸せで、有意義な人生を送るように教育することです。人生の目的を明確にし、それを実現するための手順を概説し、目的のある人生の実例を提示します。このように、教育の目的と目的、または教育の内容は、最後の啓示の書であるクルアーンから理解することができます。アル・コーランの一節を引用します。

間違いなく、アッラーは彼らの間から使徒を立て、彼らにアッラーの啓示を暗唱し、彼らを成長させ、彼らが以前明らかに誤りを犯していたにもかかわらず、彼らに聖書と知恵を教えたとき、彼らに大きな恩恵を与えました. (アル・コーラン)

この聖句は、教育の目的と目的を示しています。これらは:

 

  • フェイスプランテーション
  • 知識の進歩
  • 知恵の強化
  • マナー開発

 

A.信仰

信仰という言葉にはさまざまな意味と用途がありますが、中心的な意味は「信念」、「信念」、「信頼」、「自信」に似ていますが、これらの用語とは異なり、「信仰」は従順でトランスパーソナルな関係を意味する傾向があります。神または優れた力を持つ誰かと。信仰は特定の信念に基づいています。信念が信仰に不可欠であることは、種子が植物にとって必然であるようなものです。信念体系には、実際的な意味を持つ特定の知覚要素があります。生きた信仰は2つの条件を満たさなければなりません.必要条件は論理的な推論であり、十分条件は信者/人類にとっての実際的な成果です. 生きた信仰は、信者に安定を与え、人格にダイナミズムを生み出し、人生に実りをもたらし、信者間の結束を促進し、

イスラム信仰の基本的な要素を概説し、説明するために、聖クルアーンのいくつかの節に言及します。

これは輝かしい本であり、疑いの余地はありません。それはアッラーを畏れる神を意識する人々への導きです。彼らはあなたに下されたものと、あなた以前に下されたものを信じ、8 月の審判の日を信じています。彼らは正しく導かれた者です。両方の世界で成功しているのは彼らです。」(アル・コーラン)

クルアーンが最初に行うことは、現実の背後にある基本的な要素として信仰を導入することによって、現代哲学の最も重要な要素である疑いの要素を取り除くことです。疑いは、現実の正確な理解を妨げる否定的な要因です。好奇心は、知識の発達や現実を発見するための疑いよりもはるかに優れています. 信仰は同時に、いくつかの義務的な信念を前提としています – 神の統一、目に見えないシステム (天使、天国、地獄など)、啓示の書、預言者の制度、審判の日、運命、死後の世界。さらに、カリマ(信仰の告白)、祈り、断食、施し、巡礼など、信者にいくつかの義務を課しています。神の一体性という考えが、人類の一体性の信念を創り出さなければならないことは注目に値します。

信仰に対するイスラームのアプローチは、敬虔な人物、すなわち預言者を通して啓示され、説明され、植え付けられるというものです。個人的な推論に基づく信仰はイスラームでは受け入れられず、信仰の要素に関する預言者の言葉遣いの最終性も不可欠です。さらに、預言者に対する愛情と信頼に満ちた姿勢は、完全な信仰の基本です。したがって、信仰の基盤そのものは、敬虔な人や預言者への愛と服従です。簡単に言えば、信仰とは、信頼できる/称賛に値すると信じられている人によって語られた真実を受け入れることと定義できます。

信仰の発達の背後にある目的は、人間の人格の精神的精神的形成を安定させ、バランスを取ることです。預言者は実際の役割のモーダルとして送られ、啓示された本はガイドラインのための恒久的な作業マニュアルとして付属しています。信仰の要素を開発する最終的な目的は、人生の概念的または実際的な問題を管理し、対処するために必要な作業ツールを個人に提供することです。これは、大小、単純または複雑、独立しているか相互に関連しているか、少数または多数であり、不屈の精神と精神力を備えています。硬さ。したがって、決意は信仰の結果として必要であり、決意がないことは信仰がないことよりも必要です。

イスラームは、人間性と超越性という信仰の 2 つの側面を熱心に提唱しています。人間の側面は人類の統一の概念を提案し、超越的な側面は神の統一の考えを提案します。ある側面が無視されたり、強制的に定義されていない場合、信仰は不完全です。さらに、ある側面の無知は、人間の人格を偏らせ、不安定にします。人類の一致と神の一致についての誤った信念の影響は多岐にわたり、人間社会のあらゆる側面に浸透しています。それは国家をある種の絶え間ない争いと互いに対する好戦的な態度に導く可能性があります。さらに、間違った信念の影響は、現在の世代の見通しを超えて、将来の世代の平和と平穏をも乱します。

If you need any kind of information on this article related topic click here: アガルートアカデミー 評判

January 9, 2023 / stevensonguitars